初めての人にもおすすめ

格安で行きたい! ハワイホテルLabo

ad

格安でハワイに行く方法 完全版

ハワイ旅行は高い。そんなイメージありませんか?
このサイトでは個人でハワイにどうしたら安く行けるかを研究するサイトです。
ホテルだけでなくアクテビティや航空券の情報も研究していきます。
このページでハワイに旅行に行くためにするべき事全部まとめてあるので、ぜひぜひ最後まで読んでください。
今の時代旅行関係の予約はネットで完結させるのがベスト。
工夫次第でハワイの旅行は格安になる!

ハワイ

ツアー VS 個人手配旅行

ハワイに行くことが決まったら、旅行会社のセットになっているツアーに参加するのか個人で航空券やホテルを手配するか決めましょう。

旅行会社のツアー

ツアーと言っても団体旅行でバスで回るわけではないので安心してください。
ここでいうツアーとは旅行会社が飛行機のチケットとホテルをセットにして売り出しているプランのことです。
ホテルに着いたら後は自由時間です。オプションツアー参加無料などのおまけが付いていることもあり、希望者は自由に参加できます。
格安のパックツアーのプランを各社売り出しています。

旅行会社のパックツアープランがおすすめな理由

何と言っても費用が安いことです。

個人手配と比べて面倒な手続きが大幅に減ります。
また、ハワイ観光のメインエリアとなるワイキキには旅行会社各社のショップがあちらこちらにあります。ここには日本人スタッフが常駐しているので困ったことがあってもツアーのお客さんは気軽にヘルプを求められます。

パスポート無くした。
飛行機に乗り遅れた。

こんなことあったらパニック必須ですが、旅行会社のお客さんならスタッフから日本語で助けが得られます。また、緊急連絡先もあるので携帯があれば日本語でアドバイスをもらうこともできますね。

このあたりのお洒落なレストランを教えて欲しい。
ヴィクトリアズ・シークレットのショップに行きたい。

こういったお楽しみ情報も旅行会社のショップで教えてもらえます。ハワイ旅行が120%楽しめること間違いなし。

空港〜ホテル間の送迎サービス
滞在中の日本語サポート
オプショナルツアーの手配なども楽
トローリバス乗り放題などのおまけが付いていたりする

ツアーならESTAも代行手続きしてくれる

アメリカ国内に入国する日本人は「ESTA(エスタ)」というものを発行する必要があります。
これは絶対に必要で持ってないとアメリカ国内に入国できません。
ESTAは日本からインターネットで自分でクレジットカードを用いて登録を行うこともできるのですが、これが結構面倒。
でもツアーなら若干費用はかかりますが旅行会社が代行してくれます。

安さを売り出しているツアーの広告でプランをよくを見ると「航空会社未定」とか「ホテル未定」とか書いてあると思います。
これは旅行会社が直前まで粘って一番安い航空会社のチケットや安いホテルに皆さんを送り込もうとしているためです。

もちろんとにかく安いに越したことはないのですが、安いプランには早朝の便や夜遅くの便など訳があります。滞在時間を長くするためには〇〇円プラスで飛行機の便を変更できますって言われます。結局タイムイズマネーです(笑)

また、ホテルも海から遠いホテルやちょっとマイナーなホテルになることが多いです。
ホテルもこだわる人はお金は若干かかりますが「ロイヤルハワイアン指定」とか書いてあるホテル指定プランを選びましょう。ハワイ旅行

個人手配の旅行

個人手配はツアーより若干自由度が増しますが、ちょっと旅慣れた人とか、ネットでいろいろ調べるのが得意な人向けです。

組み合わせによってはツアーより安くハイランクのホテルに泊まれることもあります。

安いツアーでは直航便ではなくて大韓航空の乗り継ぎありとかの飛行機になることが多いのですが、ツアーよりも格安航空券の比較サイトで見るとお得な便が見つかることもあります。

下記が格安航空券の予約サイトとしては有名ですね。

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

さらにホテル指定以上にこだわりたい人は航空券とホテルを自分で予約する個人手配の方法があります。旅慣れている人にオススメ。

個人手配だとホテルの部屋のタイプも細かく指定することができます。

ホテルの部屋タイプについて

オーシャンビュー 窓から海が見える
パーシャルオーシャンビュー 窓から海が一部見える
シティビュー  街が見える
マウンテンビュー 山が見える

パーシャルオーシャンビューっていうのがちょっと厄介で窓からほんのちょこっと海が見えたりするだけだったりします。正直コスパ悪いんであんまり選ばない方がいいと思います。
やっぱりオーシャンビューに泊まりたい。

個人旅行手配でホテル予約はテレビのCMでもよくやっているエクスペディア(Expedia)が有名ですね。
エクスペディアはホテル数がダントツに多いのと、日本語予約できるんで初めての人でも楽勝に使えます。
公式サイトで泊まりたい日付とホテル選んで、クレジットカードで料金払って、当日ホテルに行ったらエクスペディアから届いたメールかアプリもしくは印刷したメールを見せればOK。
英語話せなくても余裕。

エクスペディア(公式)

エクスぺディアのAIR割は旅行会社大手のツアーのような感覚で好きな飛行機とホテルの部屋タイプまで選んでさらに割引があるので賢く利用すればお得です。

ただ空港からホテルまでのタクシーやバスなどの交通手段は自分で確保する必要があります。ホテルによってはシャトルバスを運行しているところもあります。

ハワイの旅行予約のまとめ

お手軽・安さ重視→大手旅行会社のツアー
ホテルとかこだわるタイプ・海外旅行慣れしている→個人手配

ハワイ旅行の予算・費用について

航空券・ホテルの予算

ハワイパックツアーの最安値は5日間で約69,800〜です。

飛行機とホテルを個別に予約する場合、ホノルルへの飛行機代が成田からだと¥77,000円くらいです。
ワイキキのホテルはエクスペディアでの個人手配だと1泊¥12,000〜になります。

旅行の値段は生物。日にちにより料金は変わりますので安く行きたい人は平日を狙って旅行に行くのがオススメです。

航空券やツアー代は成田発が一番安いです。その次が大阪発、名古屋発は割高です。
名古屋の在住の人が本気で安く行きたいならば、高速バスで東京まで行って東京旅行と絡めていくのもいいかもしれません。

アクテビティ代

自由時間にマリンスポーツしたいとか、イルカと遊びたいとかやりたいことはたくさんあるはず。だいたい1日1万円くらいのアクティビティ費用は用意しておくのがベストです。

ハワイのアクティビティは大手予約サイト「ベルトラ」が便利です。それに最低価格保証で最もお得。
オプションツアーの数がハンパないです。

ベルトラ(公式)

iconショッピング・お土産代

これはもう人それぞれですね。
ハワイにはブランドショップがいっぱいありますから、ショッピングで本気出したらいくらお金があっても足りません(笑)

お土産はABCマートで買うのがオススメ。内緒ですがハワイ定番土産のマカダミアナッツのチョコはネットショップのAmazonで買えます。遊びすぎてお土産買う時間なくなっちゃったら日本でネットで買いましょう。
誰もあなたがAmazonで購入したことに気付くことはないでしょう。もちろん楽天でもYahooショッピングでも買えます。

Amazonでハワイのお土産を見る

また、シャトバスやレンタカーなど移動手段を確保できたらアウラニのディズニーホテルまで足を伸ばしてアウラニ限定のディズニーグッズを買うのもいいですね。
しかし、幸か不幸かこれらのアウラニ限定レアグッズもAmazonで購入可能な現実があります。
グローバル化はお土産の夢や希望もなくしますね(笑)

Amazonでアウラニディズニーのグッズを見る

ハワイでお土産を買うときはあらかじめ日本の通販では売っていないものを選ぶと渡した相手に喜ばれそうですね。
ハネムーンなどで本格的にお土産を購入する場合はお土産に特化した下記の通販サイトなども便利です。

JTBのハワイお土産通販サイト

パスポート代

5年有効のパスポート  ¥11,000

10年有効のパスポート ¥16,000

初めて海外旅行行く人はパスポートを作らないといけません。
パスポートを作るのには6日間くらいの期間が必要。
「自分の住んでいる地名+パスポート」でネットで検索すれば自分の住んでいる市町村でパスポート作るのに行く場所がわかります。
若干手続きが面倒。

ESTA代

前述したアメリカ国内に入るために必須ESTA。旅行会社に代行してもらうと5000円くらいです。
個人でやれば14ドル。クレジットカードでオンラインで支払う必要があります。
個人で手続きする場合下記から

ESTAの申請(公式)

ハワイに旅行にかかる費用まとめ

最安値ツアー利用で9万円くらい。
初めて海外に行く人はパスポート作る費用なども必要なので10万円ちょっと必要。

ハワイへの旅行準備編

旅行の準備ってけっこう大変。女子は特に服の準備とかもありますよね。

スーツケース

ネットで安く販売されていますが、スーツケースはでかくて部屋に置いとくには邪魔。
だからレンタルがオススメです。
DMMレンタルなら超格安にスーツケースがレンタルできます。

【DMM.com】スーツケースレンタル

ハワイ滞在中の携帯電話・ネット利用

今時スマホは必須ですよね。
海外滞在中の各キャリアのパケットデータ通信はとても高額になります。
スマホのデータローミングはオフにしておきましょう。
ハワイはいろいろなところでフリーのWi-Fiは日本よりも多いですが、セキュリティの面で個人情報が盗まれたりする心配といちいちWi-Fi使える場所を探すのは非常に面倒なのでネットで海外用のデータ通信端末を予約しておくのが安心・便利で安いです。

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

通話は日本の携帯で、ハワイでも問題なくできますが長時間通話する予定がある人はモベルでアメリカ用の携帯電話番号をゲットしとくのがお得です。

スマホとSIMカード
ハワイ用おすすめSIMフリースマホとカードの値段 ホノルル空港で買うより日本で購入が安心

ハワイ旅行にスマホは必須ですよね。 ネットでクチコミを見ておいしいロコモコを見つけたり、お気に入りのブランドのショップに行くための地図を表示したりスマホがあるかないかで、ハワイ旅行の充実度はかなり変わ ...

続きを見る

旅行保険

海外旅行中に怪我をしたり、病気になったりして病院に行った場合日本の医療保険が適応されず治療費が実費になり非常に高額になる場合もあります。そんなときのために旅行保険に入っておくのが安心です。ネットでも出発時の空港でも加入できます。

旅行保険に加入していれば、持ち物が盗まれたり壊れたりしてもお金が返ってきたりします。私の父親は空港から帰りの電車で酔っ払いに嘔吐され汚れてしまったズボンを旅行保険で保障してもらうことができました。
海外旅行保険は1日1200円くらいからが一般的な費用ですね。

また、クレジットカードで海外旅行保険が付帯されている場合があります。
人気の楽天カードは旅行のツアー代や航空券の費用を楽天カードで払うと海外旅行保険が適応されます。
持っているクレジットカードに旅行保険がついていないか一度確認してみてください。

海外用クレジットカード
旅行保険わざわざ入るの? 楽天カードなら旅行保険もう付いてるよ。

ハワイに行くのに旅行保険入ろうかどうか考えている人も多いのではないでしょうか? 実は私も海外旅行に行った時、旅行保険に何度か入ったことがあります。 地球の歩き方のとかのガイドブックの裏に広告がある 〇 ...

続きを見る

クレジットカード

海外ではクレジットカードがその人の信用の目安になります。ほぼ海外旅行にクレジットカードは必須。ホテルにチェックインしたりレンタカー借りたりするときにはデポジットとしてクレジットカードの提示を求められることは多いです。

ハワイを含むアメリカは圧倒的なカード社会。
クレジットカードは絶対用意しておきましょう。

海外旅行におすすめのクレジットカード一覧

また、カードにお金を入金してクレジットカードと同様に電子マネーとして海外で使えるカードも増えてきました。
クレジットカードを作るのが不安という人は各カード会社の発行している電子マネーがオススメ。

海外用クレジットカード
18歳以下でも作れるクレジットカードはあるの?

海外旅行にはクレジットカードがほぼ必須。 しかし、学生旅行、卒業旅行に行くよていの未成年の方は何歳からクレジットカードが作れるのか気になりますよね。 クレジットカードは何歳から所持することができるので ...

続きを見る

その他旅行グッズ

ここまできたら後は個人的に持っていきたいものを用意するだけです。
基本Amazonでなんでも旅行グッズは手に入りますね。
学生ならAmazon Student会員になれば速攻で配達してもらえるし、ビデオで海外ドラマとか映画観れるし、音楽聴き放題だし、最高です。

Amazon Student 6ヶ月 無料体験

また、ダイソーなどの百円ショップには、スーツケースのパッキングに使えるものや飛行機の中で使える枕などいりいろ手に入ります。

ハワイのガイドブック

ネットでも情報収集できますけどやっぱりガイドブックはぱっと見で行きたいところが見つけられるのでグループで一冊は持っておいたほうがいいです。
急な予定変更に対応したり、有名モールはショップリストが付いていたり何かと便利。

こんなのとか

こんなの

Amazonでハワイのガイドブックを見る

ハワイ旅行計画のまとめ

ハワイに旅行に行くために予約する方法から準備するものまでざっと挙げてみました。
意外にやること多いなと思って圧倒されちゃった人もいるかも。
しっかり時間をかけて計画を練って最高のハワイ旅行にしよう!

更新日:

Copyright© 格安で行きたい! ハワイホテルLabo , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.